グルーガン【100均】の基本の使い方と上手に使うコツ

グルーガンは100均でも取り扱いがあり、ハンドメイドなどで使ってみたいと思っている方も多いと思います。
初めてだと、どのように使えばいいのか、使い方がちょっと難しいのではと心配される方も少なくないのではないでしょうか。
そこで、グルーガンの基本的な使い方や、上手に使うコツをご紹介します。
使い慣れるととても便利な道具です。正しい使い方を解説します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

納豆の薬味は何がいい?納豆にとにかく合うというおすすめの薬味

納豆を毎日欠かさず食べるという方少なくないです。そんな方の中には薬味を変えて納豆を美味しく食べている...

魚の下処理はスーパーの調理サービスを利用!便利サービスを活用

魚を一匹まるごと購入したいけど、自分で下処理が出来ない!料理初心者で魚の捌き方がわからない・・・。こ...

卵の孵化!スーパーの卵でも孵化するって本当?噂の真相

スーパーの卵が孵化するって話を聞いたことがありますか?子供の頃は鶏卵も温めれば、ひよこになるのでは?...

粗品タオルの使い道で節約もリメイクも簡単に楽しむコツとは

粗品でもらうタオルの使い道に悩む人も多いのではないでしょうか。毎年何かと頂き物でもらう粗品の...

指を綺麗に見せてくれるネイルとは?あなたに合うのはこのネイル

ネイルをして指を綺麗に見せたいのに、なぜか爪だけ浮いてしまっているような?爪が小さい、指が短いなど意...

筆箱のチャックが壊れた時の対処法を症状別で詳しく解説します

学校で使っている子供の筆箱のチャックが壊れた時、お気に入りの筆箱でまだまだ使える状態であれば、なんと...

車のシートにジュースをこぼした時の対処法!まずは応急処置を

車のシートにうっかりジュースをこぼしてしまうことってありますよね。そんな時、汚れてしまったシートをキ...

白ネギの青い部分は鍋に最適!ネギの青い部分のおすすめレシピ

白ネギの青い部分は使う?それとも捨てている?実は鍋に最適なのがネギの青い部分。この青い部分の...

トイレのコンセントの位置は失敗しないようにしっかり考えよう!

日本のトイレといえば温水洗浄便座が当たり前のようになってきていますが、使用するためにはコンセントが必...

勉強のやる気がでない、そんな時に試したいやる気が出る方法

学校の宿題やテスト勉強、日々の予習復習など勉強しなくてはいけないと頭では理解していても、いまいちやる...

靴の収納は箱のまま?それとも出したほうがいい?靴の収納方法

靴を収納するときは箱のままのほうがいいのでしょうか?箱に入っているほうが積み重ねることができるので収...

ミルクの温度は赤ちゃんにとって何度が適温?ミルクの作り方

赤ちゃんにミルクをあげるときにはどのくらいの温度であればいいのでしょうか?人肌や体温とは言われますが...

水泳選手コースの基準について選ばれるポイントやタイミング

水泳の選手コースになるには基準という目安があります。本人が選手コースに行きたくても、コーチから選手コ...

友達をやめる方法とは?相手を傷つけないための心得について

決して悪い人ではないけど、なんとなく合わない。そういう友達も中にはいますよね。今まではそれで...

肉じゃがを翌日のお弁当に使おう!ただし夏の場合は要注意!

夕食に作った肉じゃがを翌日のお弁当に入れると、味がさらに染み込んでいておいしいですよね。しか...

スポンサーリンク

100均のグルーガンの使い方、まずは温まるまで待つ

グルースティックを溶かして接着するこの方法は、他のボンドに比べるととても早く接着できるのが特徴です。

グルーガンは温めて使用するため「ホットボンド」とも呼ばれている

グルースティックを溶かすために、まずはグルーガンを温めなくてはいけません。

100均で売られているグルーガンにはスイッチは無く、コンセントの抜き差しでON・OFFすることになります。

コンセントを差し込むとすぐに温まり出すので注意してください

グルーガンの持ち手側の穴からグルースティックを奥まで差し込み、先端の方についているスタンドを使って立たせます。

グルーガンは先端部分がとても高温になりますので、ここが浮いている事を確認しましょう。
もしも床についてしまうなら、スタンドを正しく使えていません。

また、グルーガンが温まって、先端までしっかりグルースティックがセットされていると、トリガーを引かなくても垂れてくることがあります。
これは温まった証拠とも言えますが、床などに直接接着剤がつくのは困ってしまいますよね。

グルーガン使用時は必ず新聞紙などを下に敷くようにしてください

準備が整ったら、コンセントを差し込んでスイッチを入れます。グルーガンが温まるまでには数分程度時間がかかりますのでしばらくお待ち下さい。
温まったのか気になって先端に触れると、火傷してしまうのでやめましょう。

100均のグルーガンが温まってからの使い方

グルーガンが温まったら、いよいよ接着です。まず、きちんと温まっているか確認しましょう。

もし、先端からグルーが垂れているなら温まっていますから問題ありません。
そうでない場合は、下に敷いている新聞紙や雑誌などでも良いので、トリガーを引いて少しグルーを出してみます。

出てきたのが透明でとろとろとした滑らかなグルーであれば大丈夫

普通の接着剤のように、接着面にトリガーを引いてグルーを少し出し、接着したいものをのせてしっかりと押して接着します。

注意したいのは、グルーガンは接着までの時間がとても短いこと

グルーの表面が冷めてしまうと接着できなくなってしまうので、グルーを出したあとは出来るだけすばやく接着しましょう。

そのまま1分程度押さえて置くと完全に接着します

出てきたグルーやグルーガンの先端はとても熱くなっているので、接着する時には火傷に注意してくださいね。

グルーが無くなってきたら、持ち手側の挿入口から新しいグルーを差し込みましょう。
無くなり切る前に次のグルーを入れて置くと、途切れること無く使い続けることが出来ます。

グルーガンがしっかりと温まってから始めると失敗が少ない

グルーガンを使って上手に接着できない時、「100均で買ったからかな?」と思われる方もいるかも知れません。
しかし、グルーガンの使い方を間違っていることがほとんどです。

グルーガンはグルート呼ばれるシリコンを溶かして接着剤として使います。

接着出来るのは溶けたグルーが冷えて固まるまでの僅かな時間

接着に失敗する人の多くは、しっかりとグルーガンが温まりきっていないのに使い始めている場合が多いです。
温まりきっていないと、グルーも半端に暖められた状態で出てきます。
この状態のグルーは温度が低いので固まるのも早く、上手に接着できない原因になってしまうのです

グルーガンで失敗しないためには、しっかりとグルーガンを温めること

しっかりと暖められたグルーガンから出てくるグルーは、とろとろとした液体のようになります。
透明でもとろとろとしていなければ、温め不足の可能性が高いです。

100均グルーガンの上手な使い方のコツ

手芸のハンドメイドで使うなら、100均のグルーガンでも十分なことがほとんどです。

グルーガンを上手に使う方法は、しっかりと温めるのが基本

しかし、グルーガンをしっかりと温めると、グルーが粘りのあるとろとろとした液体のようになるので、どうしても切れが悪くなってしまいます。

そのため、糸を引いて余計な部分にまでグルーがついてしまうという悩みが発生してしまいます。
これはグルーガンを使い始めたら、誰もがぶつかる壁と言えるでしょう。

この解決方法は一つ。

トリガーを離したあと、出したグルーの上で円を描くようにクルクルと先端を回すこと

引いてしまった糸を出したグルーの上に落としながら、糸を切ります。
納豆の糸を切るのと一緒ですね。

ただし、グルーはすぐに固まってしまいますから手早く行う必要があります。
何度か練習するとコツがつかめると思いますから、絶対に失敗したくない作品なら、グルーの糸を上手に切る練習をしてから挑戦するのがおすすめです。

100均のグルーガンは色も豊富

グルーガンは100均でも購入できるほど、メジャーな商品となりました。

100均に行くとグルー様々な色のグルーが売られています。
基本の透明色の他に黒や茶、白といったシンプルなカラー、ピンクなどのカラフルなグルーやラメ入りのグルーも売られています。

グルーガンは接着する物に似た色を選ぶと目立たないのでおすすめ

また、グルーは接着剤としてだけではなく、グルーを素材として使うことでいろいろなハンドメイドを楽しむことが出来ます。

黒いグルーなら、人形の目や鼻などをつくることが出来ます。
シンプルな画鋲の平らな部分に、色付きのグルーをぷっくりとのせるだけで、可愛い画鋲に早変わりです。
ピアスの平らな部分に同じ様にぷっくりグルーをのせるのもおすすめですよ。

グルーは冷えてしまうと完全に固まってしまいますが、温かいうちなら曲げることが出来ますから、指輪やブレスレットなどを作って楽しむことも出来ます。
ハロウィンなどのイベントで活躍しそうですね。

アイディア次第でいろいろなハンドメイドを楽しむことが出来ますよ。